女の人

貸事務所で起業をしよう|まずは物件を探しましょう

独身時に利用するとお得

インテリア

家賃が安くてお得

東京の企業には、社宅を設けているところもまだまだあります。昔は大企業ほど設けていました。現在は大企業ではなくても設けているところがあります。小規模なところは社長宅と兼用になっていることもあり、いわゆる住み込みという形で住まわせてもらうことも少なくありません。東京の不動産は賃貸にしても家賃が高いと言われています。その点、社宅であれば、家賃はかなり安くなります。通常よりも半分くらいの家賃で生活ができるので、かなりお得です。そのため、独身でまだお給料があまり貰えないような若い男性などには、最適な環境と言えます。学校を卒業して上京してきたばかりの独身男性は、最初から社宅に入居することもよくあることです。

プライバシーに注意する

東京の社宅に住む際、いくつかの注意点があります。まず、プライバシーが守れないこともあるという点です。社宅なので、当然、住んでいる人はみんな同じ会社の人です。場合によっては、上司が住んでいることもあります。家庭を持った上司が隣室になることも少なくありません。また、新婚の若い社員や小さな子どもの居る上司なども住むことがあります。家族を持っている場合、奥さん同士の交流が大変だと言われています。上司との付き合いも、必要以上に行わなくてはならないため、帰宅後も会社に居るような感じになってしまうこともあります。このような人付き合いが苦手な人は、独身だけしか住めないような社宅を選択するといいかもしれません。企業によっては、ファミリー用と独身用というように、東京に2つの社宅を設けているところもあります。